2006年01月21日

ばあちゃん譲り?

うちの母と電話で動物愛護センターから犬を引き出してきた事を伝えると、
「そうそう、お祖母ちゃんも動物と赤ちゃんだけは口が利けないのだから
大人がきちんと世話をしてあげなくてはいけないって言っていたよ」と言われました。


母方も父方の家も動物大好き家族で、これはもう血筋なのでしょうね。
お祖母ちゃんの時代だと動物は好きでも、最後まで面倒を見れる人は少なかったと思うので、
お祖母ちゃんの言葉、私とっても嬉しかったです。


ずっと前に亡くなっていますが、尊敬できる人で嬉しいです。
前にこの日記にも書きましたが、父方のお祖母ちゃんも良い事を言っていました。


お祖母ちゃんの家には柿木があり、秋になると沢山の実が実りました。
手で取れる実は美味しく頂くのですが、上の方の実はいつもそのままでした。
柿が大好きな私はお祖母ちゃんに「上の柿を取って!食べたいの!」とお願いしました。
すると「「上に生る実はお天道様に返さなくてはいけないんだよ!
沢山ありがとうって感謝の気持ちで人間は採ってはいけないんだよ」ってたしなめられました。


そう『天のもの』ってカラスや小鳥達のものなのですよ。
今の大人はそういう気持ちを忘れてしまっている人が多いように感じます。
そんな教育をうえけた私は、やはりこういう話を子供達に伝えていかなければいけないのでしょうね。


お祖母ちゃん達、今の私を見て良い子に育ったって思ってくれているかな?
それともこうした方が良いよって導いてくれるかな?
本当は時々お祖母ちゃんに甘えたいなって年甲斐もなく思います。
いつまで経っても私のお祖母ちゃんに変わらないからね。
もうこの世界には居なくてもね。
posted by marico at 00:30| 千葉 | Comment(1) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「上に生る実はお天道様に返さなくてはいけないんだよ!沢山ありがとうって感謝の気持ちで人間は採ってはいけないんだよ」
maricoさんのおばあちゃん、ありがとうございます。m(__)m
あなた達の世代の優しい心を、今の日本人は皆忘れかけています。
maricoさん、素敵なお話しをありがとうございます。
Posted by どすこい at 2006年01月21日 15:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック