2009年07月19日

さっそく去勢しました。


昨日、さっそく去勢手術した太郎丸君。



太郎丸って他犬に攻撃性は無いし
マーキングもほとんどしないし
一見本当に未去勢なの????って思うほど本能的な行動が出ないけど
そこはやっぱり未去勢のオスです。


でもさ〜
「この子は大人しいから去勢しなくても大丈夫ですよ。」
なんて、適当な事言う獣医師って未だにいるんだよね。
本当に頭にきちゃいます。
飼い主さんにとって獣医師の言葉って
凄い影響力だから、まじそういう事言うの止めて欲しい。



獣医師の言葉を信じて去勢しないで
老犬になってから前立腺肥大になった犬も知っているんですけどぉ・・・・
結局、老犬だったけど病気になってから手術しましたよ。
病気で体力も落ちているって言うのに。
それこそ危険ですよね。


太郎丸、子犬のCJとは仲良くできても
我が家の大人のオス犬達とは、やっぱりなかなか仲良くできません。
CJにマウントなんかもしているし、
これがマーカスなんかにマウントしようものなら
即、大ゲンカ勃発に繋がる事は見えています。
何かあっては危険だから、手術の日にちを決めてから引きだしました。


麻酔の危険性を心配する飼い主さん多いけど・・・・
麻酔の事故で死ぬより、
手術しない事で病気になって死ぬ犬の方が
たぶんずっと多いと思います。
(センターの犬や知り合いの犬を見てそう感じます。)
それも年を取ってから病気になる事が多いし
やはり健康で若いうちに手術しておいた方が
ずっと麻酔も安心なのは言うまでもないですよね。


手術の翌日の太郎丸です。
えっ!昨日手術したの!!!?というほど元気でしょ?
この動画を見て、少しでも安心してもらえればと思いました。
タイソンのように敏感犬(笑)は4〜5日
お先真っ暗のような暗さでしたけど・・・・
そんな犬の方が稀かもしれませんね。

太郎丸&CJ
太郎丸&CJ
by marico720


★今日のおすすめ★

【送料無料】基本はこれ!国産・無添加『フィールドゲインズ』ドライフードウルトラプレミアム...

シェパードのように胸の深い犬種って
胃がひっくり返ってしまう致死率の非常に高い『胃念転』に
なりやすいそうです。
お水のがぶ飲みもNGだけど、水を含むと膨らむドライフードも
怖いです。
このフードは数少ない膨らまないフードだと思います。
あ〜こんなに大袋で買いました。
お金が羽をつけて飛んでいきますぅ。
いや・・・愛犬の健康の為だもん。
一番食べ物には気を使ってあげたいよね。健康第一!



posted by marico at 01:06| 千葉 | Comment(2) | TrackBack(0) | 太郎丸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。MARICOちゃん!

Kです。

太郎丸クン…。立派なS犬になって素敵なオーナーとめぐり会えますように…。

MARICOちゃんミラクルなら大丈夫!

タイソン大統領のプライドも傷つけないようにしょうね。

彼なかなか繊細な子ですから…。
Posted by くみマム at 2009年07月19日 12:20
くみマム さん
太郎丸ってすごく良い子なんですよ。
タイソンはなかなか繊細な部分を持っていますよね。
大丈夫プライド傷つけないように
しています^^
Posted by marico at 2009年07月27日 01:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック