2010年02月02日

助けてあげれなくてごめんね。

 

1月27日は、懐かなかった猫達と

野良犬が処分されました。




野良犬は以前、会った事のある犬でした。




2年ほど前、迷子になっていた犬を探している時に、偶然その犬に会いました。

朝の6時ごろ、2匹の犬が私の車を追いかけて来ました。

わが家の愛犬のタイソンに良く似た風貌で、愛着を感じ
車を停め時間を忘れ眺めていたのを思い出します。






野良犬は人の生活を脅かす生き物かもしれません。

実際苦情が出ていたので、センターも数年越しで捕獲したのです。

そしてこの犬は一般に譲渡できないという理由で、処分される事になったのです・・・・

でも私はこの犬を決して嫌いにはなれません。危険な犬だとも思いません。







前にセンターから保護したハリーも、長い間放浪していて人に慣れていない犬でした。




夜中に放浪しているハリーを探しに行くと、数百メートル先から私に歯をむき出して吠えかかり

私がハリーに近づいた分だけ遠のき、私とハリーの距離は縮まりませんでした。

そしてセンターに捕まり、私が引き出しに行ったのです。




あんなに吠えかかっていたハリー・・・・あっと言う間に人が大好きな犬になりました。

今では田舎で飼い主さんの愛情をたっぷり受け、幸せに暮らしています。






タイソンに似たこのメス犬は、センターの収容部屋の隅で震えていました。

そこにはかつて、畑を縦横無人に走り回り、吠えて追いかけてきたあの姿はありませんでした。







収容部屋に入り、オヤツをあげてみましたが

私が部屋から出ても全く食べる様子が無いほど、おびえ切っていました。

近くに寄っても震えるだけで唸ったり、噛みついたりする様子は全くありませんでした。




この犬が悪い訳では決してありません。

誰にも愛してもらえず、邪魔者扱いされ殺されてしまったこの犬を、救えなかった自分が情けない。

でも、収容される数が多すぎて、全部を助けてあげる事ができません。

どうか皆さん、これ以上不幸な命を増やさないでください。

今、消えようとしている生命を見て見ぬふりをして、

自家繁殖しながらも犬猫が好き、という気持ちに私は違和感を感じてなりません。

自分の愛犬愛猫だけよければそれでいいの???
そう問いかけたくなるのです。




もっともっと勉強しなければ・・・・犬の性格を読む事もできないし、自信もありません。

本当に助けてあげれなくて、ごめんなさい。

私、これからもっと頑張るからね。どうか安らかに眠ってください。
posted by marico at 03:00| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も今1か月前より迷ってきているとても人懐っこい、猫にもおどおどしているような成犬がいます。愛護団体にも連絡し保護してもらえるとのことでしたが、首輪、リードをすると、虐待をしているかのように暴れ泣き叫びました。

新聞にも掲載しましたが、飼い主は現れてはくれませんでした。

いつかは保健所に通報されると思っていましたが、遂に昨日捕獲にきてしまいました。
昨日は無事に逃げることができたようですが
またいつ来るかわかりません

恐い思いをしたのに夜にはまた、帰ってきており何もしてやれない自分が情けなく、このまま餌をやっていくわけにもいかなくなり
あの優しい眼差しの犬に申し訳ない気持ちで
いっぱいです。

リードさえできれば幸せにしてやれたのに悔しくて。

今も家の周りで我が家のように思って日向ぼっこしてるとおもいます。

野良犬であっても大事な命なのに どうして物のように扱われないといけないのでしょう

幸せにしてあげたいと、ハッピーと呼んであげていました  ごめんね ハッピー
Posted by at 2012年11月06日 16:02
私も前に野良犬を引き出した事がありました。
首輪をして、外に連れ出そうとすると
リードを噛んで逃げようとするので
リードは鎖を使っていました。
そんな犬でも家庭犬になれますよ!!
鎖を噛み、口を血だらけにしていた犬
3か月もクレートに隠れ出てこなかった犬も
今では飼い主さんと旅行を楽しみ
ドッグランで他の犬と遊べるほど
リハビリ次第ではよくなる可能性があります。
嫌がるから無理だし、可哀想だと思わないで。
良かったら御相談に乗ります。
気がつくのが遅くてごめんなさい。
良かったらメールください。
marico728@yahoo.co.jp
Posted by marico at 2012年12月26日 04:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック