2010年05月27日

動物は飼い主を選べない

 

ほんと落ち込みます。


毎週センターに通っていると痛感するのが

動物の幸せは飼い主次第と言う事・・・・



自称犬好き、猫好きさんが、殺処分される犬猫を作っています



センターには純血種の犬も猫もいっぱいです。

とくに小型犬が増えてきたように思います。

それも人気犬種が増えています。

ダックス、トイプー、チワワ、シーズー、マルチーズ・・・・・・

必ずセンターに入っています。



何でこんな事になるかと言えば簡単です。

最後まで飼えない人に売っている事が一番の問題です。

それと自家繁殖!困った事に悪気がありません。

良い飼い主探しは本当に大変です。

ボランティアしている方はその事を良く分かっています。



この間も60代の里親希望者様に「譲渡するには、もしもの時に引き継げる方の同意が必要です」と伝えると

「誰だっていつ死ぬか分からない!」とぶち切れられました。

確かに誰だっていつ死ぬか分かりません。

だからこそ、自立できない犬猫が、路頭に迷わないようにする必要があるのでは?



センターには飼い主が亡くなって、持ち込まれる犬猫が後を絶ちません。

だからこそ、終生飼養できるか確認しなければと思うのです。



自家繁殖なさっているのであれば、最後まで売った犬猫に責任を持つべきです。

もし飼えなくなってしまった場合、引き取ったり新しい飼い主さんを探す手伝いなど

しているブリーダーさんはどの位いるのかしら???
(勿論そこまでしているブリーダーさんがいる事もしっています)

最初から必ず幸せにしてくれる飼い主さんを探せば、問題は起こらないはずなんです。



一昨日、センターに土佐犬が放棄されました。

昨日殺処分されました。

その土佐犬、みるも無残にガリガリでした。

何度かセンターで土佐犬を見てきましたが、どの子もガリガリでした。

満足にご飯すら貰っていないのでしょう。たぶん・・・



私を見て、ゆるゆると尻尾を振る可愛い子でした。

あと10数時間で命を絶たれる事を考えると不憫で

ジャーキーなどをいっぱいあげました。

初めて食べたのか戸惑いながらも、とても優しく食べてくれて、手を舐めてくれました。



たぶん良い子だと思います。

でも飼い主が放棄したら、闘犬種はまず次の飼い主が見つかりません。

何も悪く無いのになぜ殺されなければならないのでしょうか???

飼い主に心底腹が立ちます。





毎週毎週新しい飼い主が見つかっても、それ以上に犬猫が持ち込まれます。

本当に虚しいです。

もっと沢山の人にこの現実を知って欲しい。

そして増やさないで欲しい。

犬猫との暮らし、センターで殺処分される現実を考えないで楽しめる日はいつ来るのでしょうか?

もう本当に嫌です!!

 

posted by marico at 02:44| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎回、この現状を知り腹が立って頭が割れそうに痛くなります
カフェを始めて、店内での排泄すら平気な飼い主の多いこと
それを言う店は厳しいとネットで書き込みされる
だけど、そんな人の犬は躾のしの字もいれていない、
飼い主が躾なんて考えが全くないような人だったりします
闘犬・猟犬など、犬種の持って生まれたものを理解した上で育てる事も
とても大切だと本当に思います
良く「飼いやすい犬種は?」と聞かれますが、
結局しつけをしなければどの犬種だって噛み付きや吠えなど、出ることもあるし・・・
うんちやしっこや、犬種の性質や、トリミングが必要でお金がかかることなど、
もっと売る側も伝えることが大切だと思います
ってか、売る所をもっともっと限定して管理されればいいのに・・・・・
私も自家繁殖は大反対です
よく「1回くらい産ませたい」って意味不明な事言う人がいるけど、全く理解できませーん
Posted by snow at 2010年05月28日 12:40
SNOWさん

お気持ち察します。
私もペット関係の仕事ですが、
シッターのお客様はペットの事を考えて頼んでくださる方なので、
すごく良い方が多いんです。
カフェとかだと大変ですよね。
私も何回かカフェで閉口した事があります。
飼い主の足に向かってマーキングしていたり
テーブルの上に足をかけたり
マナーの悪い方が多く、犬もうるさくて
友達と会話もできなかったのをおぼえています。
オーナーだとほんと大変でしょうね。
私は「犬のしたいようにさせる」飼い主、
苦手です。
人に迷惑をかけない、犬の安全を守る為にも
躾って大切ですよね。
売る場所を限定する。飼い主にマナーを教える。
犬が好きだからこそ、みんなに愛される愛犬に育てて欲しいと思います。
うちの犬だってお散歩に連れて行くのが
嫌になるほど、最初は暴れん坊だったけど
だからこそ頑張らなきゃって思えたんです。
(今もたまに連れていて恥ずかしい事はありますょ♪)
Posted by marico at 2010年05月29日 14:33
子猫はすぐ貰い手がつきそうですね。

今はセンターの猫の紹介はしないんですか?
Posted by y at 2010年06月01日 08:55
yさん
載せないととは思うのですが
数が多すぎてなかなか整理ができません。
子猫も貰い手がつきそうに思いますが
具合が悪くなってしまったり
手をかけたのに、亡くなったりも多いんです。
医療費や医療行為を受ける時間がかかってしまい
なかなかブログで保護動物を紹介する時間が取れません。
今日もセンターに行きますので、頑張って載せるようにしますね。
yさん良い子が居たら、保護とかお手伝いしてもらえるのでしょうか?
Posted by marico at 2010年06月01日 12:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック