2006年04月07日

虹の橋で待っていてね。

さっきお客様からメールがきました。
ハスキー犬のリキ君が亡くなったと・・・・


リキ君と出合ったのは去年の夏でした。
「噛み癖がある」と言われ正直仕事を受けるかとても悩みました。
とにかく一度会ってみようと思い、打ち合わせに出かけ
やはり少し攻撃的な面が見受けられオヤツなども使える状態ではなかったのですが
何事も経験とシッティングを引き受けることにしました。


シッター初日の日、夜8時を過ぎていて、おまけにリキ君の小屋の周りは
電気がついていなくて、かなり吠えられてしまい
本音を言えば怖かったですたらーっ(汗)


早くお散歩に連れていけよ!そう私に吠え付くリキ君。
いざ覚悟とばかりにリードをつけお散歩に連れて行ったのを覚えています。


田舎の山の中を満月の光をたよりにリキ君とお散歩しました。
それはそれは幻想的でいつしか私はインディアンになり、リキ君は狼になっていました。
月明かりだけの中を誰も通らない道を歩いていたのですが
リキ君がいるので全然怖くありませんでした。


私もリキ君も野生に戻っていたのかもしれません。
不覚にも私は道に迷ってしまったのです。
どんなに歩いても山や畑ばかりで、人にも会わないし
リキ君はお年だったので、途中でもう歩けないと言われたらどうすることもできません。
本当に焦りました。
1時間のシッターのところ、1時間半ほど歩き途方にくれていたところ
リキ君がふと足を止めお座りして私を振り返りました。


???と思い辺りを見回すとお家に続く道がそこにはありました。
心が通じ合った瞬間、泣きそうになったのを覚えています。
今その時の状況を思い出すと涙がこぼれそうです。


リキ君は確かに万人に愛想を振るような子ではありませんでした。
しかし誇り高きハスキーでした。
頼れる子でした。本当はもっと一緒に歩きたかった。


リキ君の事、私忘れないよ。
リキ君も私の事忘れないでね。
虹の橋で待っていて。いつか私もそっちに行くから。
その時はまた夜道を二人で歩こうね。


f0108689_19242113.jpg

緊急HELP!迷子になった【なな】を探しています!

リンクお願いします。
posted by marico at 23:52| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | marico's family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!
前に一度、保健所のレポートをブログで紹介させていただいたものです。
シッターをされていたリキ君へのマリコさんの文章を読んでいたら、涙が出てきました。
お散歩のシーンが目に浮かぶようでした。
リキ君の御冥福をお祈りしています。
Posted by hiro at 2006年04月25日 22:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

虹の橋から
Excerpt: これは既に亡くなった愛犬から、その誕上日に、飼い主さん宛に届けられるメールのタイ
Weblog: おじんのIT今昔
Tracked: 2006-04-08 17:07