2006年05月28日

ケン・マッコートカウンセリング

P1030816.jpg


今日はタイソンを連れてケン・マッコート氏の公開カウンセリングに行ってきました。


タイソンは本当はフレンドリーで賢い子なのですが他犬などに対しての興奮が高く
般化が苦手で新しい環境に慣れるまでに時間がかかってしまうので
デルタ協会ペット・パートナー・プログラムのマスター・インストラクター資格を持ち
問題行動の犬をカウンセリングしているケン・マッコート氏に診てもらいました。


しかし私が昨日から食中毒になってしまい(たぶん温泉卵が原因)
体がきつかったのですが頑張っ出かけました。
会場にギリギリ着くとTV局の取材が入っているじゃないですか!!!
聞いてないよ〜〜やつれて着の身着のまま出かけて後悔ひとしおですがく〜(落胆した顔)

タイソンに対してのカウンセリングですが、やはりティーンエージャーのうちに多い行動で
このままトレーニングを続けていけば何の問題も無いと言われホッとしました。
リラックスしている事を褒めて強化させていくことを薦められました。


そしてタイソンはとても学習能力の高い犬だと褒められました手(チョキ)
ケン・マッコート氏の奥様がタイソンを非常に気にってくださり
アメリカに連れて帰りたいわ〜と連発していましたわーい(嬉しい顔)
タイソンの性格、そして2週間の時に保護した事を考えると、とても上手に育てている、
あなたは良いトレーナーさんになれますよと言われ嬉しかったです。


タイソンは本当はフレンドリーで明るくおもしろく優しい子なんです。
私が言うのも親ばかですが学習能力も非常に高いと思います。
でも環境の変化に弱く一瞬で興奮してしまうので、犬の行動学などに詳しくない
飼い主さんなどには誤解されやすくとても歯がゆい思いをしていました。


これからも正の強化と負の罰を使って、個性を失わせずにトレーニングしていきたいと思いました。

PS先日DINGOのDDCT(DINGOドッグケアテイカー)の資格を取りました。
DELTAガイドラインアメリカのサイト)を人道的トレーニングの指標にシッターをしています〜
と言えるようになったんですわーい(嬉しい顔)


Ken McCort(ケン・マッコート/アメリカ)

オハイオ州で“フォー・ポーズ”トレーニングセンターを経営。
獣医師で7頭の犬を始めたくさんの動物たちと暮らしている。
行動上の問題を抱える動物の治療を専門とする。
ほとんどの顧客が獣医師や他の顧客からの紹介である。
デルタ協会ペット・パートナー・プログラムのマスター・インストラクター資格を有し、
病院や介護施設の訪問活動をするための飼い主と犬の評価をするだけでなく、
デルタ協会が国内外で行うエヴァリュエイター・コースで講師も務めている。
アクロン大学とコロンビア州立大学では動物行動学を指導。
インディアナ州バトルグラウンドにある「ウルフ・パーク」では、
プレゼンテーションやオオカミのトレーニングを行っている。
posted by marico at 22:36| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック