2011年03月21日

大震災



このたび東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
ご家族の皆様方には、謹んで哀悼の意を捧げます。
大切な家族の一員である動物達にも心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧・復興を心からお祈り申し上げます。



スーパーフルムーンを見上げています。
わが家の庭では、杏の花がほころび始め、月明かりに照らされています。
毎年この時期になると、季節を忘れる事なく杏は咲きだし
春の到来に気持ちが明るくなります。
でも今年は春を喜ぶ気持ちには、まだ到底なれません。



東日本大震災が起こり、私もうまれてはじめて
あんな大きな地震を経験しました。
たまたま2階でうたたねしていた時に地震にあいました。
犬達は怯え外に逃げようとしていたところを
ひっつかまえて「大丈夫、ママがついているから、大丈夫だよ」と
ベッドの下に逃げ必死に抱き合い隠れました。
家はまるで遊園地のアトラクションのように揺れ、
本当にペシャンと潰れてしまうかと思いました。
揺れが止まったところで、犬達をリードに繋ぎ一緒に外に避難しました。
あの日から寝る時には、非常用の持ち出し袋を枕元から離す事はできなくなりました。



その夜仕事のペットシッターに向かう時は
犬達を車に積んで出かけました。
町は混乱していて道は大渋滞、15分で向かえる場所でさえ2時間かかりました。
家に無事帰れたのは午前3時をまわっていました。



どのお家に行っても、本棚が倒れていたり、
飾りものが落ちて割れていました。
いつもは喜んで出迎えてくれる動物達も、怯え警戒していました。
落ちてきそうなものは、下に置き、必要無いコンセントは切り
ガスの元栓を締め、動物達のお世話をしました。
帰る時に動物達を置いていくのには、本当に後ろ髪を引かれました。
「大丈夫、ここに居れば家族が迎えにくるよ。明日も来るからね」
そう声をかけるのが精いっぱいでした。
もはやどこも安全は保障されていない状況でした。



震災後10日経って、やっと少し落ち着いてきましたが
津波被害にあった地域、福島原発の地域など
想像を絶する被害を受け、愛する者を失った悲しみや
震災で被災した方達の恐怖を考えると、胸がつまります。
わずかな力ですが自分が今できる事をしていきたいと思っています。



まずは被災地に入られている、ボランティア活動している方へ
物資や義援金を送りたいと思っています。

私が物資などをお願いしようと思っている団体はこちらです。
現在宮城県石巻市で活動しています。
「め組JAPAN」

活動はブログを通して発信されますので、現地で今何が起こっているか
今必要なものは何かが敏速にわかります。

救援物資に関する情報は
こちら

義援金に関する情報はこちら

そしてブログはこちらこちらになります。

良かったら、是非一緒に参加してください。


_________________________

動物関係レスキュー情報


★犬猫受入情報★

[いわき市]iwaki_park ((財)いわき市公園緑地観光公社)
いわきグリーンスタジアムです(常磐地区避難所)に、
ネコ・小型犬のペット同伴での避難者向け控え室をご用意しました。
避難所の状況や避難されている方の確認などは、
こちらの電話番号(0246-43-0555)までお問い合わせください。


[新潟]
新潟動物ネットワーク

新潟県内ではペットとの同伴避難を考えている飼い主さんを受け入れているそうです。


[郡山市]
ワンズクラブ 避難所にペットを連れていけない飼い主様へ


■一般社団法人UKC JAPAN

 

japanrescue1995 (認定NPO法人 日本レスキュー協会)


緊急ペット同伴被災者受入情報 ペット宿ドットこむ


【save pets】 被災した動物・ペットたちの情報




★被災されているボランティア団体★

・アニマルクラブ(岩手県石巻市


・動物いのちの会いわて(岩手県盛岡市)


・アニマルピース(宮城県仙台市)


・いわき「犬猫を捨てない」会(福島県いわき市)


PS この記事の情報の転載、リンクは是非お願いします。

posted by marico at 04:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | marico's family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック