2011年07月29日

KARA大きな発作が起こりました




 

29日の事です。KARAちゃんが大きな発作を起こしました。




朝からなんとなく息が上がっていました。

オシッコ出しにお外に出すと、猛ダッシュで走りまわり

部屋に戻ると、連続ジャンプして私の手やお腹を噛んできます(汗)




この興奮状態になると、そろそろ発作が来るなって

最近は予測ができるようになりました。




回り始めたので、座薬を三個入れたのですが

どうにも止まらないので、

夕方6時過ぎにフェノバルビタールを静脈に注射してもらいました。

そしていったん家に戻ったのですが・・・・

発作はますます酷くなるばかり。




今回の発作はうちの主人も今まで見た事が無いというほど

激しく動いてしまうので、

最終的な手段で麻酔で眠らせてしまう事しか

選択がありませんでした。








普通手術の時は今はガスで少しづつ入れていきますので

ほとんど事故は起こりませんが

静脈注射での麻酔は、やはり事故が起こる可能性があるので

本当は避けたいところです。




でも発作が続くと体温が41度近くまで上がってしまうので

やはり動きを止めてあげる事が必要なのです。

また脳細胞も壊されてしまいますしね。

本犬もしんどいだろうし。




麻酔薬を1本注射したとたん、ぐにゃりと体の力が抜けるKARA。

4本注射して寝かせて、家に連れて帰りました。

麻酔が覚めた時にまだ発作が止まっていない場合は

また麻酔をかけて眠らせる必要があると、先生に言われました。

でもこの麻酔って安楽死の時にも使うものなんですよ。

だから量を沢山使うのは本当に怖いです。




20時に麻酔をかけて、夜中0時になってもはっきり意識が戻ってこないKARAちゃん。

このまま死んじゃったらどうしよう。。。そんな不安にかられます。




朝1時をまわってやっと麻酔から覚めてきたかと思ったら

今度は上半身をバタバタと動きが止まりません。

最初は前足だけ動かしていたのに、上半身を大きく上下に持ちあげて

バタバタ苦しそうにしているKARA。

こんなに苦しむのだったら、もう楽にしてあげた方が良いのではないか・・・

そんな考えも頭に浮かぶほどでした。

たぶんまだ発作は続いていたんだと思います。

もう夜中で先生を起こすのは申し訳なかったし

正直これ以上麻酔を打ったら本当に

虹の橋を渡ってしまうんじゃないかと思い、結局病院には連れて行きませんでした。




気がついたら、私ったらソファーで寝てしまっていました。

朝5時すぎ、KARAちゃんようやく上半身の動きが止まっていました。

でも下半身に力が入らず、起き上がる事ができません。

排便も垂れ流していました。




お尻を洗って、少しお水を飲ませ・・・・

あっ!うちの犬達に夜ご飯をあげるのすっかり忘れていました!

ほんとダメな飼い主です。

KARAも落ち着いたので、愛犬達をお散歩に連れていき

一度家に戻り、ゴミだしに出かけ帰ってきたら

KARAが血だらけです!!!

腕に刺してあった注射の為の管を噛みちぎってしまったんです。

静脈に刺してあったので、血が流れ出てしまっていました。

焦って先生に電話すると、寝ぼけながらも電話を取ってくれました。

腕に巻いてある包帯を取って、管を取れば止まるとの事。

いや〜本当に焦りました。

100ccは出血しちゃったかも、でもKARAは強運ですよ。

愛犬達とお散歩に出ていたら1時間近くその状態だったから

きっと出血多量で助からなかったと思います。



これは29日の話です。

今はKARAちゃんとっても元気です。

いつも思うのですが、このままずっと元気でいて欲しい。

発作が出ないで欲しいです。

明るく甘えん坊な可愛いKARAを神様奪わないでください。




KARAを家の子にしてあげたら、と思う人も多いと思います。

でも家にはもうすぐ14歳になるマーカスと

僧帽弁閉鎖不全と甲状腺機能低下症、そして脂肪種が沢山できてしまうキーキ

そしてタイソン、腎不全の猫の久美子がいます。

やっぱりKARAをわが家の一員として迎えるには

経済的にも難しいんです。

だから、本当の家族を見つけてあげたいと思っています。

皆さんKARAちゃんに新しい家族が見つかるまで

私達を見守ってください^^

メールなど、心がくじけそうな時、涙が出るほど嬉しいです。

応援ありがとうございます。
posted by marico at 00:00| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | KARA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
第31回 ジャパンカップ 高配当を狙うなら必見です!すべてのデータから導き出された買い方を伝授!初心者の人も馬券歴の長い人も納得の情報でジャパンカップはもらったも同然!
Posted by ジャパンカップ at 2011年11月22日 03:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック