2011年12月09日

キーキの病理検査の結果


手術2日目のキーキさん。目に力が戻ってきました。




脾臓の腫瘍の摘出が済んで、腫瘍を病理検査に出して1週間

検査結果が気になって気になって、終始結果の事ばかり考えていました。

結果はなんと『良性』でした!!




これでやっと一安心です。




脾臓の腫瘍の50%〜70%悪性だと聞いていたので

本当に奇跡としか言いようがありません。




脾臓の腫瘍は血腫で、

肝臓の腫瘍は脂肪肝でした。




甲状腺機能低下症でお薬は飲んでいますが

とても代謝が悪いみたいです。

これはこの先も課題ですね。

代謝が上がる方法を知っている方がいたら、

是非ご連絡ください♪




今回キーキが倒れ病院に連れて行きました。

脾臓は沈黙の臓器と言うみたいで、

血液検査では腫瘍は見つける事ができないみたいんです。

今考えるとたまたま腫瘍が破裂して、内臓内で出血していた為

血液検査で極度の貧血が判明、「これは何かおかしい」と先生が気がついてくれて

レントゲンとエコーを撮って、脾臓に腫瘍ができている事がわかりました。




皆さん、1年に1回は血液検査の結果が良くても

レントゲンとエコーは撮ってくださいね。

血液検査では脾臓や肝臓の腫瘍はわからないみたいです!!





今回キーキは不幸中の幸いだったと思います。

まだまだキーキと一緒に暮らしていけるとわかり

メッチャ!いやゴッサ嬉しいです^^




ご心配おかけしました。キーキの事心配してくれて

本当にありがとうございました。




PS手術から1週間でお散歩ができるまで回復しました。

凄いよキーキ。




この傷はキーキの勇気と頑張りの証です!

posted by marico at 05:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | marico's family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/239475698
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック