2012年03月05日

最近の退院、入院

 

目を開く手術をしました。

術後、飼い主さんのお宅に移動になりました。

ムギワラちゃん。

mugiwara2.JPG

詳細は→
こちら

□□□□□□□□□□□

少し前にようやく退院して

保護主さんのお宅に移動した「きじお」

口周りの手術をしました。

kijio6.JPG

保護主さん、ごめんなさい。

あまりに写真が素敵なので使ってしまいました。

詳細→
こちら

□□□□□□□□□□□

ブリーダー放棄の柴犬の中の1匹。

唯一の白柴。しろこちゃん。

重度の膝蓋骨脱臼で6時間にもおよぶ

大手術を先日終わらせました。

siroko.JPG

写真クリックで詳細ページにいきます

□□□□□□□□□□□

背骨骨折のサビ猫「サリーちゃん」メス。

良くなるように祈りを込めて

3月6日、手術をします。

sari-1.JPG

写真クリックで詳細ページにいきます

□□□□□□□□□□□

骨盤骨折で手術をしました。ダビデ君。

3月14日、体内のピンを抜く手術も行ないます。

dabide1.JPG

写真クリックで詳細ページにいきます

□□□□□□□□□□□

死にそうなほどの重体から見事生還した健太君。

手術を無事に終えました。

kenta2.JPG

写真クリックで詳細ページにいきます

□□□□□□□□□□□

あまりにも入院、手術をする子が多くて・・・

もしかしたら、私が忘れている子が

存在するかも。




急いで病院に連れて行けば、

治る見込みがあるならば、

手術して治してあげたいと思っています。



少しでも体調不安の無い方が、

ご縁も見つかりやすいしね。




以前は、こんな風にセンターの子たちを

病院に連れて行ってあげる事が出来なかったので、

2〜3年前の負傷動物達は

本当にかわいそうでした。




いまみたいに病院に連れていく事が出来ていたら、

命が助かっていたり、

ちゃんと歩けていたりする子もいたよね、きっと。


posted by marico at 01:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック