2006年10月21日

未来ちゃんの里親さんの今西さんから皆様へのメッセージです。

未来ちゃんの飼い主であり作家の今西さんから今日メールが届きました。
自分の事で恥ずかしいのですが、未来ちゃんを応援してくださった皆様へのメッセージを
そのまま載せます。

今考えればセンターからの引き出しを始めたのは未来ちゃんが出発点でした。
不安だった私を応援してくださった方達にとても感謝しています。
私もたくさんの勇気を彼女や皆さんからもらって今があると思います。

これからも少しでも動物達の役に立てたらと思っています。
ぜひ子供達にこの本を読んで欲しいと思います。
                                 Marico

________________________________

未来ちゃんファンのみなさまへ
「命のバトンタッチ―障害を負った犬、未来―」(岩崎書店)
1300円+税
いよいよ発売です!!


はじめまして!
未来の飼い主の今西乃子です。
この度、未来の命の恩人である山口麻里子さんを主人公としたノンフィクションが、
岩崎書店から12月4日に発売されることになりました。
この物語は、未来がセンターにいた頃から、
我が家に来るまでのエピソードを麻里子さんを主人公に描いたものです。
みなさんご存知のように、麻里子さんがいなければ、未来は今、ここにはいませんでした。
未来が我が家に来て早、一年―。
多くの子どもたち、そして犬に愛されるりっぱなレディとなりました。
未来の笑顔を見るたび、命の可能性、そして命に順位はないのだということをつくづく考えさせられます。
私の本が、多くの人の目にとまり、命というものについて今、一度向き合っていただける機会ができれば・・・と願っております。
私より早くから未来を応援してくださった皆様には、この場をお借りして心から感謝申し上げます。
皆様の温かいお気持ちに精一杯応えられるよう、これからも先住犬の蘭丸ともども未来を世界一幸せな犬にできるよう、たくさんの愛情を注いで参りたいと思います。
今後ともどうか、温かい目で見守ってくださいますようお礼方々お願い申し上げます。
また、本を読まれた方におかれましては、是非ご感想などを以下の私のメールまでお寄せください。

まずは取り急ぎご挨拶まで・・・

児童文学作家
今西乃子
※「命のバトンタッチ」の配本は12月4日を予定しており
ますが、オンライン書店での販売は数日間遅れる場合があります。


DSC_0743_.jpg

posted by marico at 02:27| 千葉 🌁| Comment(17) | TrackBack(1) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『命のバトンタッチ―障害を負った犬、未来―』
買って読みますッ!!!
今から12月4日が楽しみです(*^_^*)

センターに、マイクロチップの読み取り機が置いてあった
ということで、嬉しかったです☆
少しずつでも、日本が変わることが大切ですね。
今回発売される本も含めて、華恋のブログで紹介
しても宜しいでしょうか?
よろしくお願いしますm(_ _)m
Posted by 華恋 at 2006年10月22日 02:58
華恋 さん
マイクロチップのリーダーが普及すればいいですよね。
私の愛犬たちもいれようと思っています。

本の紹介ありがとうございます。
Posted by marico at 2006年10月22日 12:57
買います!絶対買いますよ。
ブログで見ているだけだったのですが、未来ちゃん大きくなりましたね。かわいい(笑
Posted by ゆき at 2006年10月23日 20:03
はじめまして、未来ちゃん素敵な美犬お姉さんに成長していてびっくりです。 タイソンちゃんとじゃれあっていた頃の未来ちゃんとは別犬みたい〜 未来ちゃんのように幸せなワンちゃんが一匹でも増やせるよう私もできることから協力していきたいと思っています。
Posted by はっぴーママ at 2006年10月23日 21:27
maricoさん、待ってました!!
本のタイトル、発売日が決まったのですね。
はやく12月にならないかしら。
とても待ち遠しいです。
ネットショップでは数日遅れる可能性があるとのことなので、今から本屋さんに予約入れておきます。皆さんにお知らせしたいので、転載させてくださいね。不都合がありましたらすぐに対処いたします。
Posted by masami at 2006年10月27日 15:30
今西乃子さん、お久しぶりです。といっても高校を卒業して以来会っていないので、しかも一方的なご挨拶でごめんなさい。
のんちゃんが本を書いたり、色んな活動をしているのは最近知りました。
昔の姿と今のイメージがうっすらリンクするのはきのせいでしょうか。どこか筋が一本とおってて、でもすごく優しいとこがあって・・・。
私も現在紀州犬を飼っています。痛ましい犬のニュースを耳にするたびに腹立たしく、また自分が何もしてやれないことに苛立ちます。
少しでも役に立てることがあれば・・・。
未来ちゃんの本読んでみたいです。他にものんやんの本全部読みたいです。
きっとタオルが何枚も必要のようですね!
これからも応援しています。
by.おすぎ
Posted by やまみち ちよみ at 2006年12月06日 11:42
わたしは小学5年生です。
うちではいぬをかっていませんが、犬のほんをできるだけよんで、きんじょの犬たちとも遊んで・・・いぬがだいすきです!!ですが、この、「命のバトンタッチ」をよんでこの世にはこのような犬たちがいて、そしていなくなっていくことをしりました・・・。
未来ちゃん!がんばってね!!!おうえんしてるよ!!!おもいきり走ってあそんでね!!!これからもあずかりっこにっきたのしみにしてます!!!
Posted by たかちゃん at 2008年02月17日 14:48
未来ちゃんこれからも、みんなに命の大切さを教えてあげてね
頑張ってね 未来ちゃん
みんな未来ちゃんを応援してるよ
千尋も頑張るから
未来ちゃんも頑張って
Posted by 千尋 at 2008年06月13日 19:48
はじめまして、夜市です、小5の10歳です、えと、命のバトンタッチ、読んでます、未来ちゃん頑張ってください、えと、この本の感想文を書きたいと思っています、いろいろ辛いことあるようですが頑張ってください。ぼくも犬だいすきで〜す。大人になってシベリアンハスキーを飼うのが夢ですwwぃっぱい書き込んですいません
Posted by 夜市 at 2008年08月01日 19:15
初めまして!中1です。私は「命のバトンタッチ」と「しあわせのバトンタッチ」どちらも読みました。感動しすぎて涙が出てきました。小学校で命についての授業をなされたんですよね!とっても前のことですが、お疲れ様でした^^未来ちゃん、そして飼い主の今西さん!これからもがんばってください!P.Sこれって7年前の話ですよね…。私は一生忘れません!そしてもっと多くに知ってもらうこと話願います。夜分に長文失礼しました。
Posted by まると at 2013年05月16日 22:32
初めまして!中1です。私は「命のバトンタッチ」と「しあわせのバトンタッチ」どちらも読みました。感動しすぎて涙が出てきました。小学校で命についての授業をなされたんですよね!とっても前のことですが、お疲れ様でした^^未来ちゃん、そして飼い主の今西さん!これからもがんばってください!P.Sこれって7年前の話ですよね…。私は一生忘れません!そしてもっと多くに知ってもらうことを願います。夜分に長文失礼しました。
Posted by まると at 2013年05月16日 22:33
小6女子です
私は動物が大好きです。
学校にあった「命のバトンタッチ」と「幸せのバトンタッチ」の本を読んで悲しくなりました。それをきっかけに野良イヌや野良ネコの話を読んでみました。動物たちは悪くないのに捨てられてしまったり、虐待を受けたり
人間ってわがままで勝手だな、と思いました
だけどそんな犬や猫を救えるのも人間なんだと分かってうれしくなりました。
家では猫を飼っていますその猫も野良ネコでした。だけど今ではもう家族になっています
そんな家族を絶対に捨てたりしません。最後までちゃんとかわいがってあげたいです。
そして大人になったら、犬や猫を救える人間になりたいです。

いろいろ書いちゃってすいません。
Posted by ちょっと太ってきた白猫、シラス at 2013年09月23日 11:16
中3です。
私は犬を飼っていません。
犬との生活がどんなものなのかも知りません。
でも今西乃子さんの本を読むと自然と涙が出てきて、犬の気持ちについて考えさせられます。
犬も人間と同じ生き物。
そう思うと、犬に対する気持ちや行動などもいろいろ変ってきたりするのでしょうか。
「命のバトンタッチ」に出てくる捨てられた犬たちの飼い主はそういう思いを忘れていたのかもしれないと思います。
私は犬ではなく、ウサギを飼っています。
犬とは違って、吠えたりすることもできず、何をしてほしいのかなども分かりません。
だけど、「同じ生き物」 
そう思うだけでたとえ何をしてほしいのか分からなくても、出来る限りのことはしてあげられると思います。
なので、これからも大切に育てたいと思います。
今西さん、素敵な本を書いてくださり、本当にありがとうございました。
Posted by マキ at 2014年08月20日 11:29
こんにちは!中1女子です。
わたしは今年の感想文をかくため、「命のバトンタッチ」「しあわせのバトンタッチ」を読ませていただきました。
わたしはこの本を読んで命の意味、生きていることのすばらしさを学びました。
未来には今愛護センターにいる犬の分まで、元気いっぱいにいきてほしいです!(*^^*)
Posted by ∞のあ∞ at 2014年08月27日 17:47
こんにちわ!小5女子です。私も、犬、猫が大好きです。そして、私の将来の夢は、今西乃子さんや山口麻里子さん、杉本彩さん(女優)のようになりたいです。私がよく思うのは、ペットショップなどで、わざわざ、犬種(ミックスじゃない)無駄な命を作り出してまでも売るのではなく今、もう少しでなくなってしまう犬や猫をセンターから、引き出して雑種(ミックス)を売ればいいと思います。そして、ペットショップから、引き取るときは、虐待されたり、飼育放棄から捨てられる(殺される)命を一つでも無くすために条件(引越の予定がないかなど)を作り、その条件を全て満たしていればその命をその人に託せばいいと思います。
長文失礼しました。






Posted by ★咲希★ at 2014年10月13日 11:18
こんにちわ
Posted by at 2014年10月15日 15:12
本いつも読んでますよ!!️未来ちゃん大好きドキドキしているハート
Posted by みみ at 2014年12月11日 19:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「命のバトンタッチ―障害を負った犬、未来―」
Excerpt:     [[img(http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/21/72/nine_chihuahuas/folder/78374/img_78374_22049787_2..
Weblog: ☆物言わぬ天使たち☆彡
Tracked: 2006-10-27 17:38