2007年01月18日

腎不全の猫ちゃん

ペットシッターをしていて いつも思うのが「泌尿器系の病気にかかっている猫ちゃんって多いな〜」という事実。
「老猫になるとほとんどの猫はなんらかの泌尿器系の病気にかかっているのでは?」
と思うほどです。


シッターをはじめた頃からのお客さんの老猫のPちゃんも
腎不全にかかっていて、毛はボサボサで痩せてきて
多飲多尿でいつもお薬を飲んでいました。


ところが今日Pちゃんに会ってびっくり!
毛は黒々と艶があり、ちょっとふっくら、4歳は若返っていました!!


飼い主さんに驚きを伝え「どうしてらこんなに元気になったんですか????」って
尋ねたら、「ご飯を1日4回に分けただけなの」との答えが返ってきました。
なんと多飲多尿も空腹時吐いていたのも止まったから今はお薬も飲んでいないそうです。


この話は非常に興味深かったです。
犬と違い猫は単独で狩をして1日に何回も小動物を捕食している訳だから
Pちゃんの飼い主さんの給餌のしたかは正解なのかもしれません。
勿論置き餌はお勧めできませんが、自動給餌機などを使って1日数回すぐに食べれる量を
与えるのは老猫に良いのかもしれないな〜って思いました。


いや〜でも驚きました。腎臓って一度悪くなると良くならないはずなのに
なんであんなに回復したのかな???
飼い主さんの愛情もお薬になっている事は間違いないけど、ちょっと嬉しかったです。
posted by marico at 01:28| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | marico's family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ペットシッターありがとうございました。
久しぶりに一人ぼっちの留守番をさせてしまいましたが元気でいてくれました。

ホントにお医者さまにも治ることはないと言われていましたが、治ったかと思えるほどです。
でも油断禁物ですね。

このままの状態が続くことを願います。
Posted by Pちゃんママ at 2007年01月21日 20:37
Pちゃんママ さん
Pちゃんの回復力はみんなの希望ですよ。
同じ病気で苦しんでいる子が沢山いるのですから
少しでも改善が見られる方法はみんなに伝えたいです。
Posted by marico at 2007年02月22日 01:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック