2007年01月19日

愛護センターに行ってきました。

千葉わんより昨年里子に出ましたミルコが10月中旬頃から行方不明になっております

お心当たりのある方は是非ご一報をお願いいたします



【ミルコ】
種類・・・スピッツ
性別・・・オス
年齢・・・推定5〜6才
場所・・・市原市辰巳台東4丁目より行方不明
日時・・・10月中頃(はっきりとした日にちが不明)
特徴・・・後ろ足に少々障害があり、引きずって歩くクセがあります。行方不明時はオレンジ(骨の絵柄)の首輪を着用。

リンクも宜しくお願いいたします

banner_mirco_chie.jpg
エキサイトのブログです。

banner_mirco_momohaha.jpg
楽天ブログです。
____________________________________________________________________

P1080019.jpg
とても穏やかな老犬でした。1日目のお部屋に1匹で入っていました。


P1080021.jpg
P1080024.jpg
今日もゴールデンが2匹も収容されていました。
ブームになった犬種は必ず収容される数が増えます。


P1080026.jpg
最近はMダックスが多くなってきました。予想した通りです。


P1080028.jpg
テリア系の子です。この子も人に飼われていたと思います。


P1080029.jpg
性格の良さそうな大型犬にまじって、子犬達も沢山収容されていました。
左奥に見えるこげ茶の子はまだ子犬を産んだばかりなのかオッパイが張っていました。


P1080036.jpg
とても頭の良さそうな子でした。首輪をしています。
飼い主さんが名札さえつけてあげていれば、明日殺される事は無かったはずなのに・・・・


P1080037.JPG
みんなここから出して欲しくてたまりません。
彼らに謝る事しか私にはできません。


P1080040.jpg
たぶん今日ここに来たであろう子犬。検疫される事を願わずにはいられません。


P1080042.jpg
咬傷事故を起こした犬、繋留しておいた金具が壊れ逃げてしまい
捕まえようとした人が噛まれてしまったそうです。
犬という動物を知らない為に起こってしまった悲劇です。
警戒心が強よそうな犬でしたが、飼い主がリーダーとしてきちんと対応して
大切に飼ってあげればおきない事故だと思いました。
この飼い主さんはまた犬を飼うのでしょうか?
だったら恐ろしい事だと思います。


今日も富里のセンターに行ってきました。
収容数は減ってきているのでしょうが、多くの犬が今日も収容されていました。


どうしたらここに収容される犬を減らす事ができるのでしょうか?


飼い主の意識が高くならない限り永遠に罪の無い命が殺されていくのでしょう。
飼育放棄した人、迷子にしたまま探しもしない人、自分の犬が咬傷事故を起こしたのに
犬のせいにして自分を改めない人、繁殖させる人
このような人がまた新しい犬や猫を飼うことが許されている事が本当は間違いです。


今日は収容室に死臭がしていました。
殺された猫が山済みになっていました。
私、はっきり見る事ができませんでした。見れなかったです。


そしてまた土佐犬の死体がありました。
飼い主が持ち込んだそうです。
1匹はとても大きな子。もう1匹はきっとまだ子犬です。
闘犬に勝てないと食費だけでもお金がかかるとか、
食が細い子犬は将来使い物にならないなどの理由で連れてくるそうです。
命を物としてしか考えていません。
そんな飼い主に飼われ、なんて可哀想な子たちでしょう。

飼い主さんと一緒に出かけられると思って喜んで車に乗ったのかもしれません。
一番大好きだった飼い主に裏切られ殺されたのです。
こんな事が法的に許されている世の中はおかしいです。間違っています。
命を軽視しているから、虐待、苛め、親子で殺し合いなど起きるのでしょう。


それでもこの土佐犬達は注射で殺されたから楽に死ねたのかもしれない。
ここに連れてこられた犬や猫は死に方すら選べないのです。


ここを読んでくれている皆さんにお願いがあります。
迷子札は必ずつけてください。できればマイクロチップを入れて欲しいです。
お散歩仲間にも勧めてください。
それがあなたにできる事です。

そして避妊去勢も真剣に考えてみてください。
避妊去勢すれば本能の中でも一番強い繁殖本能が抑えられる訳ですから
犬猫のストレスも減りますし、子孫を残す為の争い、異性を求めての逃走などが無くなります。
またマーキングなどの問題行動や同性同士の喧嘩なども少なくなります。
そして望まない子供はできません。
繁殖はまじめに勉強してスタンダードにそっていて、遺伝性疾患なども調べ
そして性格なども考慮して良い犬を作る気持ちが無いのであればしてはいけません。
避妊去勢をすることで平均で18ヶ月長生きするとも言われています。


この現状に胸を痛めてくださるのでしたら、まずは自分の犬から見つめなおしてあげて欲しいと思います。
そしてお散歩仲間などにも教えてあげられる勇気を持ってください。
意識が低い人が住みにくい世の中にする事が、ここに来る犬猫の数を減らす
一番の方法だと思います。
そうなるためにも是非協力してください。お願いします。

posted by marico at 00:19| 千葉 ☀| Comment(10) | TrackBack(1) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
maricoさん。辛いですね…
悔しさと怒りが込み上げてきます…。
全部!助けてあげたい!!!
悔しいですね!
こちらのセンターは譲渡可能ですか?
成犬でも譲渡出来る体制なのでしょうか…
うぅ〜…とても悔しい!!!
全部助ける事出来るのに…!!!
Posted by momo at 2007年01月21日 06:21
maricoさん、こんにちは。以前から時々お邪魔しています。
私は神戸市動物管理センターで、譲渡対象待機犬のお世話のボランティアをしています。
おっしゃるように、Mダックスの収容(特に迷子ではなく飼育放棄によるもの)は多いです。小型犬だから簡単に飼えると思うのでしょうね。散歩も少しだけでいいというふうに考えている人も多いようです。驚いたことに私の近所ではMダックスの外飼いが多いんです。本能を目覚めさせるような飼い方をして、吠え声の苦情のためにセンターに持ち込む・・・
なんてことにならなければと願うばかりです。
あと、神戸ではなぜかシーズーの放棄が多いです。トリミングにお金がかかるからでしょうか?
性格は穏やかでいい子なのに、引っ越しやら離婚やらという理由で持ち込まれます。
その人たちが引っ越し先や新生活の中でまた犬を飼うのだろうかと思うと・・・正直言って怖いです。

センターのことを紹介しても、現実を話しても多くの人がお金を持ってペットショップに行きます。
でも私は自分のしていることに誇りを持って、現実を伝え続けたいなと思っています。
maricoさんの日記にはいつも勇気をもらっています。ありがとうございます。
Posted by みよちん at 2007年01月22日 19:48
初めまして。
ブログを読ませて頂いたのですが、正直何とも上手く言葉が出ません。
すみませんm(__)m
何も出来ない自分がはがゆくてたまりません(>_<)

また覗きにきます…
Posted by ゆう at 2007年01月29日 16:08
こんにちは、ごんと申します。

レポート、読ませて頂き、胸が締め付けられるようです。
実はわたしも、収容された犬を引取り、今里親探しをしています。
捨てられた犬達がどんな末路をたどるのか、どうしても伝えたくて、勝手ではありますが、レポートを引用、リンクさせていただきました。

大変、辛いレポートではあると思いますが、少しでも多くの方にこの現実を知っていただくためには必要なことと思います。どうか、頑張ってください。陰ながら応援しています。
Posted by ごん at 2007年02月04日 11:56
momo さん
お返事遅くなりました。
成犬の譲渡はまだ一般的にはしていないと思います。
収容頭数が多い為、感染症が多く
検疫を受けないと外に出れませんが
検疫しておく場所が無いのが現状です。
まずはここに来る子が居なくなるようにしなければと思います。
Posted by marico at 2007年02月22日 01:39
みよちん さん
お返事遅くなりました。
神戸って進んでいますよね。
私の知り合いが神戸のセンターを調べた人が居たのですが
お話を聞いてびっくり!千葉は本当に恥ずかしい現状です。
シーズーなどはお年寄りが飼っている場合も多いような気がします。
飼いやすい犬種の為か安易に飼い始める人が多いような気がします。
千葉もシーズー多いですよ。

これからもよろしくお願いします。
神戸に近づけるように頑張っていきたいです。
色々と教えてくださいね。
他のセンターの話などはとても為になりますので!
Posted by marico at 2007年02月22日 01:44
ゆう さん
ぜひまたHPに来てくださいね。
楽しい事なども載せていきたいと思っています。
Posted by at 2007年02月22日 01:45
ごん さん
個人的に頑張っているなんてえらいですね!
良い飼い主さんが見つかる事を願っています。
その子の幸せを願って妥協せずに良い飼い主さんを選んであげてください。
Posted by marico at 2007年02月22日 01:46
昨年クリスマスに我が家は念願の里親になりました。こわがりですがとっても良い子です。大切に育てたいと思っています。いつか仕事をリタイアしたらボランティアさんたちのお手伝いが出来ればと思っています。昨年春職場に5匹の子犬を捨てられて
動物愛護センターの方で譲渡されるように
お願いしました。チップのこと今度病院で聞いてみますね。新米飼い主ですが迷子になんてさせたくないですものね。
Posted by purita3 at 2007年02月23日 13:24
purita3さん
子犬を拾って里親探しをしてもらおうと持ち込む人が居ると思いますが
譲渡用になる子犬はほんの一部の場合が多いです。
私の住む千葉県ではほとんどが殺処分になってしまいます。

譲渡会では月齢がいかない子犬からもらわれてしまう為に
大きく育った子などは譲渡用にはなりません。
また避妊去勢せずに外飼いする人が多い為♀は譲渡用に選ばれなかったりします。

飼い主さんを探してもらおうと思い
センターに持ち込むのは絶対に止めてください。
自分達で飼い主を探してあげて欲しいです。
保護はできませんが、ボランティア団体などで譲渡会などをしている団体もありますし、飼い主探しのお手伝いはしてくれると思います。

ただ拾った人が最後まで飼い主を探す気持ちを忘れないでください。
どんな人にもらわれたか心配ではありませんか?
ちゃんと飼ってくれる人は私達が思っているほど多くありません。
私はセンターを見ているので特にそう思います。

千葉県のセンターでの譲渡会ではいぬの飼育目的が番犬目的の方がほとんどです。
私はコンパニオンアニマルとして共に成長してくださる飼い主さんに飼って欲しいと思っています。

きつい事を書いてしまって申し訳ないです。
でもこれが事実です。

チップは入れた方が絶対に良いです。
災害時などチップが入っていれば誰の所有のペットか分かります。
首輪の迷子札などは取れてしまう場合があります。

愛犬ちゃんとの生活を存分に楽しんでくださいね!

Posted by marico at 2007年02月23日 13:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

マイクロチップはこわくない
Excerpt: 動物検疫制度が改正され、ペットとの海外旅行が身近になったとは言え、 フライトへの不安、そして何よりも日本ではまだ馴染みのないマイクロチップへ 不安を持つ方も多いかと思います。 新検疫制度は、すべてマ..
Weblog: プリンストンに暮らす
Tracked: 2007-01-25 10:24