2007年12月05日

千葉市のセンターに行ってきました。

ここのところセンターにあまり行っていませんでした。

ハリーを含め犬4匹猫1匹がいるので、なかなかこれ以上は預かれないから・・・・

1匹も助ける事ができないのに、センターに行くのは私だって辛いんです。

でも、時々頼まれてセンターに引き出しに行くときがありました。



昨日は仔犬を頼まれて千葉市のセンターに行ってきました。

千葉市は写真がNGだから写真はありません。

収容状況はこちらで確認できます。



成犬も10匹弱いました。

仔犬は15匹弱。でも頼まれたのはオスの仔犬1匹です。

希望している仔犬の色や性別が、野良ちゃんの仔犬しかいませんでした。

人にどの程度なれているか状態を見きわめなければいけません。

私が仔犬舎に入ると少し怖がりましたが、寄ってきてくれました。

少しシャイだけど大丈夫。引き出せると判断しました。



その中で1匹タイソンにそっくりな仔犬が居ました。

昨日の時点で期限が切れていて、今日処分になってしまうそう。

思わず、「この子も引き取りに来ますので、とっておいてください」と言ってしまいました。



もう1匹トライカラーの性格の良さそうな女の子がいました。

小さな体で千切れんほど尻尾を振っていました。愛想よしな可愛い子です。

係りの人にはこの子は可愛いと薦められましたが、

欲しい子犬は男の子だったので諦めて帰る事にしました。



今日引き取る日にちをセンターに電話しました。

タイソンに似た子と一緒にトライカラーの子も引き出す事に決めたんです。

その事をセンターの人に伝えました。でも間に合いませんでした。

もう処分されてしまっていたのです。

本当に落ち込みます。

私の決断が遅かった為にもうあの子はどこにもいません。



処分ってなに?どういう事?



時々わからなくなります。

昨日まで生きていた命が、もうこの世の中のどこにもいない?

何の為に生まれてきたのでしょうか?

勿論センターの人達は悪くないです。

こんなに辛い事を押し付けてしまっているんです。胸が痛いはずです。



こんな風に処分されてしまう命が無い世の中にしなければと思います。




posted by marico at 12:26| 千葉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日のお話は本当に辛いです。私もよく人間て何なんだろうって思います。私利私欲の為に他の動物を押しのけて、環境を破壊して・・・処分センター・・アウシュビッツのよう・・なんて罪深い生き物なんだろうって・・・はやく欧州くらいに動物愛護の意識が高まってくれたら・・・と
お辛いでしょうが、marikoさんのレポートで大勢の方が心動かされています。私もその1人、未来ちゃんを知ってから、繁殖場の口減らしの子、先住権と合わず捨てられた子、家庭の事情で捨てられた子を貰い受け先住ワンと合わせ総勢7ワンです。とてもかわいい家族です。と同時に個人で出来る限界も感じ、涙を流すことしか出来ない自分に落ちこみます。

未来ちゃんの本拝見しました。とっても幸せな未来ちゃんが一杯載ってて、私まで幸せな気分になりました。marikoさんこれからもめげずに頑張って下さいね。
Posted by ユカリン at 2007年12月06日 21:53
私も命のバトンタッチ読みました!
もう涙涙で・・・
それでいそいでこのサイト探しました!
処分。殺す。その一言、もう聞きたくないです。
もう飼い主に捨てられて、殺される動物がいなくなる未来を作りたいです。。。
こうしている間にも、何匹の犬や猫が殺されているのか。。
何もしてあげられない無力さが恥ずかしいです。><
うちにも2匹のM・ダックスがいます。
これからも大切に育てていきたいです!
Posted by ハナリン at 2007年12月07日 20:32
ユカリン さん
人間って罪深い、私も同感です。
不幸な動物の為に何ができるか、それは人それぞれ違っていて良いのだと思います。
預かりができる人は預かり。
寄付ができる人は寄付して、啓蒙活動ができる人は啓蒙する。

7匹も家族がいるんですか!大変そうだけど
楽しそうですね!
未来ちゃんは学校などに啓蒙活動にでかけていますよ!
飼い主さんの沢山の愛情に包まれて、とても素晴らしい子に成長しています。
Posted by marico at 2007年12月08日 02:35
ハナリン さん
命のバトンタッチ読んでくださってありがとうございます。
毎日毎日沢山の命が殺されています。
18年度千葉県だけで(千葉市と船橋市を除く)毎日犬猫38匹殺されています。
これだけ沢山の命を救う事は正直難しいです。
まずは捕獲、引き取りの数を減らす事が大切です。
それには犬や猫を大切に飼えない事は恥ずかしい事と誰もが思う世の中にしなければと思います。
ワンちゃんと楽しい生活してくださいね!
Posted by marico at 2007年12月08日 02:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック