2005年10月09日

砂上の城

タイソンの第4期の優良家庭犬のトレーニングが始まりました。


「今回同じレベルで留まるか、もう一つ上のクラスに行くか決めてください。」と言われたのですが
無理をして上のクラスに入れてもらうことになりました。


GCT(グットシチズンテスト)合格を目指すクラスです。


GCTかJAHAのレベル7のテストを合格しないと
JAHAのインストラクターのお勉強を先に進めません。
なのでなんとしても合格したいところなのですが・・・・・


はぁ〜先はまだまだ遠いです。
一緒のクラスのキアヌ君やマイちゃんはちゃんと飼い主さんとアイコンタクトがいつでも取れているのに
タイソンはまだまだキョロキョロ落ち着きがありません。


私との信頼関係ができていないのかな〜と感じます。


ヒールなども大分うまくなってきましたが、
私のハンドリングが悪くタイソンが少し前を歩く癖がついてしまっています。
なのでオートマティックで私が止まったら横について座る動作なども
ヒールポジションに入りません。


砂上の城はガタガタと崩れ始めています(T〜T)
やっぱり基本が大切ですね。
ワンちゃんは悪くなく、やはりハンドラーによって犬って変わってくるんだと実感しました。


マイちゃんなんてまだ8ヶ月ですがお母さんとの関係はバッチリでした。
マイちゃんのお母さんは管理士会の知り合いなのですが
先住犬はGCTに合格しているので、やはりハンドリングが上手いです。
見ていてすごく勉強になります。


私って努力家だと思われているのかもしれませんが(笑)
実は地道な練習が嫌いなんですよ(>。<)
でも、こんな事だとちっとも上達しないな〜ってさすがに反省しました。


忙しいのを口実にサボっているのでだめだな〜
たぶん先生とかアシスタントの方には練習していないな〜って
バレテいるでしょうね(;^_^A
ワンちゃん見れば一目瞭然ですよね。ワンコはうそはつけないですから・・・
ほんと頑張らないな〜
posted by marico at 13:52| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック