2008年10月12日

千葉ワンからのお知らせ

千葉ワンからのお知らせ


千葉WAN プチ里親会
10月19日(日) 12時〜15時
江戸川河川敷の柴又第2運動場付近


通常行われている 毎月 第3日曜日・篠崎緑地での里親会は
篠崎緑地に工事が入る関係で 会場に変更があります。

f0086814_3235069.jpg


ポスターは こちら


詳細をお知りになりたい方は 
↓バナーをクリック
f0086814_323318.jpg

可愛い子達が 本当の家族との出会いを待っています。
ぜひぜひ 逢いに来て下さいね〜♪

尚、当日、雨天中止になる場合もございますので、
必ずこちらをご覧のうえ、ご来場下さいませ。

たくさんの方のご参加、お待ちしています♪


*******************************


千葉わんでは、緊急に猫の預かりさんを募集しています。

毎日のごはんと暖かい安全なお部屋で
救われる命があり、未来が広がります。


可愛い猫さんと暮らしながら幸せへの橋渡しボランティアに参加しませんか?


関心のある方はコチラまで!


********************************

こちらで、緊急募集を行っておりましたチョーカー、繋留用鎖でしたが、

十分量集まりましたのでいったん募集停止としたいと思います。


ご協力本当にありがとうございましたわーい(嬉しい顔)






posted by marico at 03:26| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(13) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

ニューメンバー その2

ニューメンバーその2だなんて!!!!
marico家にはいったい何匹、犬がいるんだぁ〜?
と思われる方もいらっしゃると思います。




我が家は預かりっこ、とうとう3(なべあつ風に)匹になりましたわーい(嬉しい顔)
我が家のマーカス、キーキ、タイソン、猫の久美子と合わせると
7わーい(嬉しい顔)
うわ〜家族がいっぱいです(ちょっと嬉しいかもるんるん



ニューメンバーはシューベルトexclamation
Tプードルの1歳の男の子(去勢済)です。
シューベルト1.JPG



シューベルトは千葉市の動物保護指導センターから引き出してきました。
飼い主さんが病気になってしまい、センターに持ち込まれました。
持ち込みは殺されるとわかっているはずなのにちっ(怒った顔)
なぜ持ち込みができるか、私に理解できません!
他に飼い主さんを探せなかったのでしょうか?
どんな理由があったとしても、家族として迎えたはずの犬の飼育を放棄するなんて!!!!
自分の家族が殺されるのをわかっているのに、
見捨てるなんてありえないです。



最近センターに行くと小型犬が目につきます。
頼むから安易に犬を飼わないで!!って言いたいです。
犬ってハムスターや猫などよりず〜と手もかかるし、時間も必要です。
そしてお金もかかります。
社会に迷惑をかけない為に躾も必要です。
犬はとにかく手がかかります。




シューベルトの性格は明るくとても元気です。
どのワンコにも言える事ですが、
シューベルトはとても頭が良いので
飼い主さん次第で良くも悪くもなるワンコだと思います。




「この子ね〜食べ物が欲しい時、ワンワンって吠えて知らせてくれるのよ〜」
などと犬からの命令にあたる要求吠えを
「お利口さん!」なんて言っていると
あっと言う間に無駄吠えが止まらない犬になってしまう恐れのあるワンコです。




だからキチンとリーダーシップをとってくれる飼い主さんを希望します。




そしてもう一つシューベルトは酷い皮膚病を抱えています。
一度掻きだすと、どんどん痒くなってしまい
血が出るまで掻いてしまいます。
今はエリザベスカラーをまだ外す事はできません。
シューベルト2.JPG
シューベルト3.JPG




皮膚病ですが、まだはっきりした原因はわかりません。
顕微鏡で見る限り感染する疑いのある虫などは居ませんでした。
アレルギーかもしれません。
前の飼い主さんのお宅でも皮膚病はずっと治らなかったそうです。
治療をはじめていますが、改善しない場合
皮膚病の専門医に診せる事も考えています。
そのような治療も続けてくださる飼い主さんを希望します。
毎日手作り食にしなければいけないかもしれません。




新しい飼い主さんには治療の事や躾など、ご理解があり
熱意のある方に是非と思っています。




どうかよろしくお願いします。








posted by marico at 02:55| 千葉 ☔| Comment(4) | TrackBack(24) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

みなさんありがとうございます。

たくさん物資を頂きました。


その都度お礼するのが礼儀だと思うのですが
申し訳ありません。

今回はまとめてお礼させてもらいます。


まず すももまりん さんから
素敵な石鹸を頂きました。
手作り石鹸私大好きです!
昔は私も作っていたんですが・・・・
最近は全然作っていません。
ありがとうございました。
Thanks 1.JPG


ルチュママたくさんの洗剤ありがとうございます。
ルチュママにはこの他にも小型犬用のフードも頂きました。
005.JPG


A家のママさん、いつも我が家のワンや預かりっこを気にかけてくださってありがとうございます。
大きな骨みんな大喜びで大興奮でした。
Thanks2.JPG


ブロン、マロンママさん
フード、本当に助かりました。
お礼が遅れてしまってごめんなさい。
本当にありがとうございました。
Thanks3.JPG


ハッチ、ツナ、トータ、リクママ、いつも気にかけてくださって
ありがとうございます。
おかげでこんなにたくさんのフードが買えました。
助かります。
Thanks5.JPG




















posted by marico at 00:55| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

ぜひご意見お願いします。


最近、千葉市のセンターは自宅から近いという事もあり、
たまに足を運んでいますが、ここは写真を撮ってHPに載せる事ができません。
なのでブログでお伝えしていませんでした。


千葉市のセンターは収容頭数が少ない為、まだ清潔で手が行き届いています。
センターの職員の方達は休む間も無く、働いてくださっています。
それでも飼い主さんが見つかるかと思って期待していた子が
飼い主さんが見つからず、期限を過ぎてしまいセンター内で殺処分されている現実があります。
殺処分数は少なくても、処分された犬はもう帰ってきません。
命は一つなのです。


センターに行って、その時に決心がつかず、翌日電話したら
処分された後だった事が何度かあります。
そんな時本当に落ち込みます。その場で判断できていれば・・・と。
自分の判断一つで命が亡くなってしまい
捨てた人間を心から恨みます。
センターの職員さん達もとても辛いそうです。
とても胸を痛めています。皆さんとても動物が大好きなのです。


最近千葉県の動物愛護センターには行っていませんでした。
また行ってみようと思っています。
仲間がセンターに行ってきました。
レポートを書かれていますのでリンクさせてもらいます。
是非読んでください。

この現状を受け止めてどうしたら良くなるか一人一人考えてもらえればと思います。
そして「こうすればもっと良くなるのでないか」
率直なご意見を県に届けてください。
声を出さなければ何も変わりません。
行動に移さないとここに収容され処分されてしまう命は後を絶たないのです。

意見は届き前向きに変わっていくと思います。
数年前に比べれば、センターとボランティアの関係も
本当に変わりました。
殺処分される動物達を減らす為にもよろしくお願いします。

そしてできる事でしたら、千葉県動物愛護センターに足を運んでみてください。
見学させてくれます。
私達は犬猫と暮らして幸せを沢山貰っています。
その裏側では愛されず殺されていく動物達がいます。
少しでもその現実を知って、何かできないか考えて頂ければと
心から思います。


『垂れ耳立ち耳奮闘記』

『チロチロ日記』

『あかるい未来』


ご意見はこちらまでお願いします。

『あき子ホットライン』まで…


収容動物情報
(ここには飼い主が放棄した持ち込み動物の情報は載っていません。
なので本当はもっと沢山の犬猫が収容されていますもうやだ〜(悲しい顔)
『千葉市動物保護指導センター』

『千葉県動物愛護センター』


posted by marico at 18:25| 千葉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

ありがとうございます。

救援物資ありがとうございました。
大切に使わせてもらいます。

CIMG1633.JPG
Iさん沢山オヤツありがとうございました!
茶吉すごく喜んでいますわーい(嬉しい顔)


CIMG1632.JPG
Kさんいつも気にかけてくださって、
色々と送ってくれてありがとうございます。
ほんと助かります。








posted by marico at 02:44| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

迷子犬を探しています。

 DSCF0967.jpg

 DSCF2195.jpg

 mayoi_kirishima.jpg

 

名前 : きり
性別 : オス(去勢済み)
体重 : 12kg前後
年齢 : 2歳
ビーグルとコーギーのMIXで、おでこにポツンとある白い毛が特徴的です。

逃走時間 : 4月1日 朝10時20分頃
逃走場所 : みさと動物病院・駐車場 (埼玉県三郷市早稲田2−23−1)

逃走時の特徴 : ヒョウ柄の首輪、鑑札付き(埼玉 5120号)、リード無し

ビビリの性格なので、物陰に隠れている可能性もあります。
もし、きりしまを見つけた場合には追いかけたりせずに
(追いかけると逃げる子です)、里親さん宅にご連絡下さい。

連絡先 : 048−959−7968 
里親 : 安食(あじき)さん
(不在の場合は留守電にメッセージとご連絡先をお願いします)

 

ポスターはこちらです

 

______________________________________________________

一度預かりワンコのお届けで預かりさん宅に伺い

その際にキリシマに会った事があります。

やっと掴んだ幸せだったのに、本当に無事見つかる事を祈っています。

リンクお願いします。

posted by marico at 01:52| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

千葉県動物愛護センターについてのお知らせ

プリンママさんのところで知りました。

3月20日春分の日、千葉県動物愛護センターにて試験的に祭日に『飼い主さがしの会』が開催されます。

これは素晴らしい事です!

ワンコと生活を始めたいと思っているかた是非足を運んでくださいね!

 

そしてチバワンの動物愛護センターのブログが更新されました。

皆さん読んでみてください。

チバワンでは千葉県動物愛護センターにて収容動物のために使用する、

中古毛布類を募集しています。ご協力お願いします。

 




________________________________________



我が家の犬達に、今一番人気なのが牛タンの皮なのです。

噛みごたえがあって無添加だからガム代わりに使っています。

お値段もリーズナブルで、ナイスです。

posted by marico at 18:20| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

訂正とお詫び

阪神大震災で多数の迷子犬が処分されたと書きましたが、私の勘違いで、殺処分はされていませんでした。


命を助ける為に大変な中で働いていた方達や関係者の方、
不快な思いをさせてしまい大変申し訳ありませんでした。
なんとお詫びしてよいか分かりません。
本当にごめんなさい。


神戸と三田につくられた動物救護センターでは
約1555匹(犬1040匹、猫407匹、他の動物ウサギや鳥類等。)が保護され、飼い主さんの元に返ったのが約350匹。
約1000匹は新しい飼い主さんのもとへ行ったそうです。


間違った情報を流してしまった事を、深くお詫びいたします。




posted by marico at 02:49| 千葉 | Comment(3) | TrackBack(1) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

ヘムヘムちゃん無事保護されたそうです。

ヘムヘム君を無事に保護できたと連絡がありました。

心配してくださった皆さん、リンクしてくださった皆さん

本当にありがとうございます。




私もわが愛犬タイソンを迷子にしてしまった経験があります。

みんな迷子にしたくてしている訳ではなく、ちょっとした悪い事が重なって

突然迷子になってしまう事が多いように思います。

我が家のタイソンの時はいつもは首輪抜けしないプレミアカラーを使っているのに、

その日に限って普通の首輪をしていて、車から降りて興奮している時にスッポリ首輪抜けしてしまいました。


小型犬などで「かわいそうだから」とユルユルに首輪やハーネスをつけている飼い主さん結構見ます。

突然の大きな音などにパニックになって抜けてしまったら・・・

と想像してしまい、見ていて凄く怖いです。




そして首輪には必ず鑑札か迷子札つけてあげてくださいね。
お願いします。




迷子には本当にしたくないですね。




迷子になった犬達はとっても不安なんです。

そして迷子にしてしまった飼い主さんは見つかるまで、諦める事もできずに苦しみます。

私もタイソンが行方不明の時は気が違うかと思いました。

思い出すだけで胸が苦しくなります。



私もそうですが大切な家族を迷子にしないように気をつけましょう。

posted by marico at 00:56| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

緊急! 迷子の「ヘムヘム」を探しています



「千葉わん」から里子に出て、現在トライアル中の子犬「ヘムヘム」が迷子になりました。


2月12日のお昼過ぎ、 「ジャスコ大和鶴間店」の駐車場から逃げたそうです。

住所は、 「神奈川県大和市下鶴間1−2−1」です。

【性別】 オス

【年齢】 生後5ヶ月

【毛色】 クリーム色

【体重】9キロ 

首輪赤い服を着ています 。

 

d0139036_20372835.jpg

posted by marico at 02:39| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

ベン君新しい飼い主さんが見つかったそうです!

ベン君素敵な家族が見つかったそうです。


もともと高齢犬の新しい飼い主さんになった事のあるご家族で
そのワンちゃんを亡くすまでの1年間とても幸せな毎日だったそうです。
(そう言える飼い主さんを私も目指したいです。素敵ですよね!)


それから高齢犬に魅力を感じていたそうなので
ベン君の幸せの赤い糸はしっかりと繋がっていたんだな〜と思いました。


おめでとう!とっても嬉しいです!
posted by marico at 19:11| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

緊急のお知らせ

★★緊急!里親さん&一時預かりさん募集★★



べん1.JPG べん2.JPG

【犬種】ハスキー
【愛称】べん
【性別】オス(去勢済)
【年齢】17才
【体重】25〜28キロ
【毛色】白・黒
【状態】各種予防済み、要介護
【人馴れ】問題なし

★現在の場所 横浜市鶴見区

【性格・経緯】
高齢者に飼育されていましたがお世話が困難になったのと、
外飼いのため人淋しく鳴いてしまい
それが原因で放棄(動物病院に置き去り)されました。


長年一緒にいた飼い主に見放されてしまったことがよほどショックだったのでしょうか、
それまで普通に歩くことができていたというのに、
その日のうちに立ち上がれなくなり自力排泄も困難な状況となりました。


穏やかな子で、人がそばにいてくれることに何よりの安堵を見せており、
思うように動かなくなった体を一生懸命動かしては人を見ようと必死に頑張っています。


大型犬で17歳と非常に長生きしている子です。
17年もの間唯一無二の家族だと信じていた飼い主に見限られて絶望したまま逝かせるのはどうにも忍びなく、
余生と呼べるだけの時間はもはや残されていないかもしれませんが、
せめて『べんちゃんの為に』と家族が用意してくれた暖かなベッドの上で最期の時を迎えさせてはやれないものかと願ってやみません。


べんちゃんは現在動物病院におりますが、長くはいられません。
この寒い中、ビニール素材の床にバスタオルを1枚敷いた上に突っ伏して、ただただ時が過ぎてしまっています。


べんちゃんに最期の穏やかな時を過ごさせてくださる里親さんまたは一時預かりさんを緊急募集しています。


お問い合わせはこちらのブログへのメール千葉わんまでご連絡をお願いいたします

posted by marico at 21:29| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

迷子にしないで・・・・


千葉市のセンターに行ってきました。
迷子犬がいつもより多くいました。


たぶん千葉県の動物愛護センターでも同じ事が言えると思います。



千葉市のセンターの職員さんが言うにはお正月で
ついうっかり逃がしてしまう飼い主が多いのでは?と言っていました。
センターに収容されていたワンちゃんは室内犬が多かったです。



先日シッターのお仕事をしている最中にも迷子のワンちゃんを見かけました。
とても足早にオロオロしながら逃げるように小走りに去っていきました。
結局仕事中だった為に保護できませんでした。
今まで迷子のワンちゃん何度とも無くみてきましたが
どの子も足早に怯えていました。
そして同じ場所で見ることはほとんどありません。


我家のタイソンは迷子になり保護した時には、
足の裏の皮が4本ともボロボロに剥けてしまっていました。
迷子になった4日間の間足早に歩き続けたのでしょう。
何もご飯も食べていなかったです。


迷子になったワンちゃんはとっても心細く不安なんだと思います。
自分の命を守る為に警戒心も強くなってしまうので
人に発見されにくい場合に行ってしまう傾向が強いと思います。
また一箇所に留まるようになるまでには時間がかかるようです。
ご飯にありつける事が留まる理由だと思うのですが
落ち着ける場所を見つけるまでは、
家に帰ろうと怯えながら歩き続けるのではないでしょうか?
迷子になったワンちゃんの気持ちを思うと不憫でしかたないです。


リードは犬の命綱だと私は思います。
まだまだ「うちの犬は(頭が良いから)大丈夫」と公園などでリードを離してしまう飼い主さんが多いですが
犬を良く知れば知るほど、安易にノーリードにはできなくなるはずです。
普段はそう簡単には居なくならないでしょうが
パニックになると訳がわからなくなってしまうのです。
また発情などから異性を追い求め迷子になる場合も多いです。
どんなに呼び戻しができる犬でも絶対はありません。


飼い主さんは犬の本能を侮ってはいけないです。
誰も迷子にしようとしてしている訳ではありません。
勿論犬も迷子になるなんて思ってもいないはずです。


自分も迷子にして気がつきましたが、犬って言葉が喋れないのです。
そして犬の視点にたって街を見ると車は本当に恐怖です。
運悪く轢かれてしまって、飼い主が見つける前にゴミ収集車が持ち去ってしまったら
証拠も残しておいてはくれず、すぐに焼却されてしまい自分の犬猫の生死さえも一生わからなくなるのです。
その事はタイソンを迷子にした時にとても恐怖でした。
生きているか亡くなっているかも分からず会えなくなってしまう可能性があるんです。
その事はとても恐怖ではないですか?


そんな事が無いように是非皆さんの犬ちゃんには首輪に迷子札を縫い付けてあげてください。
また首輪抜けしないようにしてあげて欲しいです。



我家の犬達は首輪を2本して出かけます。
1本は迷子札つきでリードをつけ、もう1本には迷子札を縫い付けてあります。
どうか動物愛護センターに収容される犬が居なくなりますように!





posted by marico at 22:45| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

幸せな犬、そして不幸な犬

 

昨日からお友達のたいやき8個さんがお仕事で出かけている為、

我家には合計7匹の犬と1匹の猫がいま〜す。

・・・・という事で仕事もオフなので、ドッグランのプライベートで借りて

一人で7匹(汗)連れて遊びに行きました。

 P1120709.JPG

お日様がポカポカしてとても気持ちが良かったです。

 

P1120735.JPG

マックスもこんなに笑顔!

P1120741.JPG

ハリーは遊び疲れてしばし休憩です

 

P1120748.JPG

タイソンも休憩中

P1120751.JPG

ジョー君も休憩中

P1120752.JPG

可愛い明子。ドッグラン大好きなんですよ。あとオヤツも大好物!

P1120760.JPG

キーキも病気を忘れて走り回りました。

P1120757.JPG

マーカスはごろごろするのが大好き!

暖かい日差しの中で犬が幸せそうに走り回る姿を眺めていると

幸せだな〜、愛おしいな〜って思います。

皆さんもそうですよね?

 

ドッグランから帰り、 サンディエゴからDUTEの僕の毎日のDUTE MAMAさんが帰国してきているので

一緒に千葉県動物愛護センターにも行ってきました。

千葉県動物愛護センターの収容状況はこちらで確認できます。

 

負傷動物のお部屋です。

P1120814.JPG

自分の力で立ち上がることすらできない犬でした。

痛みと寒さに耐え震えていました。

首輪はしています。飼い主さんはどんな人なのでしょう?

 

P1120816.JPG

可愛い小さな猫です。左前足が潰れて大きく腫れていました。

早く飼い主さん迎えてにてあげてください。

 

P1120804.JPG

P1120806.JPG

この2匹は今日12月7日捕獲された犬です。

誰かこのワンちゃんの飼い主さんを知りませんか?

 

P1120767.JPG

首輪をしていましたが、リードは何か紐のようなものでした。

噛み千切って逃げてしまったのかもしれません。

なぜもっと大切にしてあげないのでしょうか?

 

P1120770.JPG

写真には泣いているように写っていました。

不安そうな顔をしています。

 

P1120771.JPG

年老いた犬です。なぜここまで一緒に暮らしてきたのに、このような事になるのでしょうか?

早く迎えにきてあげてください。時間がありません。

 

ここからは最終日のお部屋です。 

P1120776.JPG

どうしたらこんなにボロボロになるのでしょうか?

そっくりな犬がもう1匹いました。

見るからに病気の老犬でした。

P1120777.JPG

最終日のお部屋にはコーギーが2匹入っていました。

持込ではないかとの事です。

P1120790.JPG

少し年をとっているコーギーです。

目が病気にかかっていました。だから捨てられてしまったのかしら・・・・考えられません。

 

P1120786.JPG

この犬はジーッと静かに私を見つめていました。

きっと穏やかで良い子なんだろうと思います。

でも私にはどうすることもできませんでした。

 

P1120796.JPG

右下の犬は助けてとずっと尻尾を振ってアピールしていました。

イライラが溜まってしまい、色々な子を噛んでいました。

この後、黒柴風の左の犬が噛まれてしばらく悲鳴をあげていました。

 

P1120794.JPG

ハーネスをしたままの柴犬風の老犬がいました。

認知症が進んでいてグルグル休まずに歩いては、他の犬にぶつかっては

怒られ噛まれ続けていました。

見るに見かねてDUTE MAMAが無理を承知で

他の部屋に移動させてもらえないか頼んでくれました。

P1120817.JPG

職員の方の善意で負傷動物の部屋に入れてもらえた老犬。

でもみんなに噛まれて血が床についていました。

この老犬は歩くのを止め少し眠りについていました。

あの最終日のお部屋の中ではきっと不安で、

立ち止まる事さえできなかったのだと思います。

 

今日撮った写真を整理していて、私の犬達とセンターにいる犬達の違いを

客観的に見て、愕然としました。

本当に天国と地獄です。

センターにいる犬達だって飼い主さんが違っていれば、

ドッグランで日の光を浴びて自由に駆け回る事や、

暖かいお部屋の中で手作りのご飯を食べ

飼い主さんに撫でられながら、安心して眠る事ができたのです。

頭数が多いので不安の中からストレスが溜まり、

喧嘩してしまい怪我をしてしまう犬も少なくありません。

この状況を少しでもよくできるように皆さん力を貸して欲しいです。

 

千葉県愛護センターでは一般の方のへの成犬譲渡もしています。

そして新しい飼い主を探す為の一時預かりボランティアも登録できます。

犬猫の譲渡 ← 詳しくはこちらをクリックしてください。

 

posted by marico at 02:20| 千葉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

千葉市のセンターに行ってきました。

ここのところセンターにあまり行っていませんでした。

ハリーを含め犬4匹猫1匹がいるので、なかなかこれ以上は預かれないから・・・・

1匹も助ける事ができないのに、センターに行くのは私だって辛いんです。

でも、時々頼まれてセンターに引き出しに行くときがありました。



昨日は仔犬を頼まれて千葉市のセンターに行ってきました。

千葉市は写真がNGだから写真はありません。

収容状況はこちらで確認できます。



成犬も10匹弱いました。

仔犬は15匹弱。でも頼まれたのはオスの仔犬1匹です。

希望している仔犬の色や性別が、野良ちゃんの仔犬しかいませんでした。

人にどの程度なれているか状態を見きわめなければいけません。

私が仔犬舎に入ると少し怖がりましたが、寄ってきてくれました。

少しシャイだけど大丈夫。引き出せると判断しました。



その中で1匹タイソンにそっくりな仔犬が居ました。

昨日の時点で期限が切れていて、今日処分になってしまうそう。

思わず、「この子も引き取りに来ますので、とっておいてください」と言ってしまいました。



もう1匹トライカラーの性格の良さそうな女の子がいました。

小さな体で千切れんほど尻尾を振っていました。愛想よしな可愛い子です。

係りの人にはこの子は可愛いと薦められましたが、

欲しい子犬は男の子だったので諦めて帰る事にしました。



今日引き取る日にちをセンターに電話しました。

タイソンに似た子と一緒にトライカラーの子も引き出す事に決めたんです。

その事をセンターの人に伝えました。でも間に合いませんでした。

もう処分されてしまっていたのです。

本当に落ち込みます。

私の決断が遅かった為にもうあの子はどこにもいません。



処分ってなに?どういう事?



時々わからなくなります。

昨日まで生きていた命が、もうこの世の中のどこにもいない?

何の為に生まれてきたのでしょうか?

勿論センターの人達は悪くないです。

こんなに辛い事を押し付けてしまっているんです。胸が痛いはずです。



こんな風に処分されてしまう命が無い世の中にしなければと思います。




posted by marico at 12:26| 千葉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

19日にセンターに行ってきました。

こんなに報告が遅くなってしまいましたが、
19日にセンターに犬を引き出しに行ってきました。


5時ぎりぎりになってしまった為にあまり写真撮っていませんが、
やはりここに行くと色々と考えてしまいます。

P1120291.JPG
1日目のお部屋にシェルティー?が居ました。
どうか家に帰れていますように。


P1120293.JPG
人懐こい子達でした。後ろにはシェパードがいます。


P1120296.JPG
私を見て尻尾を振ってくれています。


P1120297.JPG
どの子も私を見ていました。


P1120301.JPG
みてください。どの子も首輪をしています。
迷子札さえついていれば、殺されずにすんだかもしれないのです。


P1120303.JPG
この子の首輪には丸カンが2つ、ついていました。
鑑札をつけていたのかしら?
やっぱりマイクロチップは有効だと思います。
入れるか入れないかで生死が別れてしまうんです。
誰も迷子にしようと思ってする訳ではないのです。
私はタイソンを迷子にしてしまって、本当に痛感しまhした。


どうか皆さん避妊去勢を考えてください。
そして迷子札つけ、マイクロチップを入れてあげて欲しいです。
センターで処分される犬猫を無くすには、飼い主さんの意識を変えるしかありません。
そして繁殖業者、ペットショップのあり方なども変えていかなければ
罪の無い動物達の殺処分は無くなりません。
どの命も世界にたった一つなのです。代わりの命はありません。
posted by marico at 01:06| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

意見を届けてください!

昨日の日記でも書きましたが
ビデオを見て、罪の無い動物が人間の勝手で殺されていく世の中がおかしいと思った方がほとんどだと思います。


この現状を変えていく為にも是非皆さんの意見を届けてください。


宮城県、埼玉県で動物愛護管理推進計画案に対する意見をもとめています。
皆さんの声を届けてください。
お願いします。


「宮城県動物愛護管理推進計画」に対するご意見の募集について

「埼玉県動物愛護管理推進計画案」に対するご意見の募集について


(意見募集期間)10月1日(月)〜平成19年10月31日(水)(当日消印有効)
県外の人でも意見を送ることができますので、たくさんの意見を期待しています。
posted by marico at 00:38| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

ごらんになってください。動物愛護センターを特集した番組のビデオです。

ごらんになった方もいらっしゃると思うのですが
動物愛護センターを特集した番組です。


私も動物愛護センターには何度も足を運びました。
実際、虫の息のハスキーが持ち込まれて
殺処分される為に廊下に置かれていたのを見た事があります。
てっきり死んでいると思い近づいたら、かすかに心臓が動くのが見えて
涙が止まらなくなってしまいました。


この連休、命の尊さを訴えるテレビ番組が多かったです。
それだけ命を軽視した世の中になってしまっているのでしょう。


捨てる人、手放す人の気持ちが私は分かりません。
それぞれ事情はあるでしょうが、私にとってマーカス、キーキ、タイソン、クミコは
家族だから、私が病気になったとしても家族と別れるなんて考えもつきません。
ましてや、殺される事を知っていながら動物愛護センターに持ち込むなんて
人間として一番大切なものを無くしてしまっているとしか思えないです。


海に行くのに邪魔になると飼っていた猫を捨てに来た家族。
子供達は泣いていました。この感情が普通です。
この親はこの子達をまともに育てる事がはたしてできるのでしょうか?
本当に疑問です。


みなさんどう考えますか?


読売スッキリ 殺処分part1

読売スッキリ 殺処分part2



ごらんになってください。動物愛護センターを特集した番組のビデオです。

__________________________________________

「宮城県動物愛護管理推進計画」に対するご意見の募集について

「埼玉県動物愛護管理推進計画案」に対するご意見の募集について


(意見募集期間)10月1日(月)〜平成19年10月31日(水)(当日消印有効)
県外の人でも意見を送ることができますので、たくさんの意見を期待しています。

posted by marico at 00:43| 千葉 | Comment(4) | TrackBack(2) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

動物と暮らすっていう事

ペットを手放したいと思っている人達と、話す機会が最近多いです。
話してみると100%悪の人なんていません。
お子さんがいて、生活レベルが低い訳でもなく、本当に普通の人達が多いです。


でも一つ決定的に私と違うところがあります。
それは何かと言うと、ペットへの思いです。


私は思いますが、100%飼い主の希望通りに、何の問題も起こさずにいてくれるペットなんてあり得ません。
また問題をあまり起こさない子もいるでしょうが、何も教えずに問題を起こさない子なんて
ほとんど居ないのではないでしょうか?
問題が起きた時に解決するために悩み、アイデアを絞り、努力する。
そうやって飼い主もペットも一緒に成長するのではないでしょうか?
ペットへの思いが足りない人は、問題をペットのせいにして飼育を放棄してしまう傾向が強いように思います。


実際、我家の4つ足の家族達もかなり大変です。
時々は友達に愚痴を聞いてもらうことだってあります。
そして皆さんからは預かりボランティアのプロと思われているかもしれませんが(笑)、
とんでもない!泣きたくなるほどシンドイ事はよくあります。
たぶん、どのボランティアさんだって同じだと思います。
ただ私みたいに口に出して言わないだけでしょう。


例えば仕事前の時間の無い時に部屋中をウンチまみれにしてくれたり
帰ってきたらお部屋が滅茶苦茶になっていたりなんてよくありました。
鳴き声が煩くてご近所様に迷惑をかけてしまうのではないかと思ったりもありましたし・・・・
同じ過ちを犯さないように工夫しているのです。


でも手がかかる子ほど多くの事を勉強させてくれます。
私には問題行動を治す事を楽しむほどの余裕なんて全然ないですし、
人間できていないので腹が立ってしまう事もあるのですが
ペット達と成長して、今の自分がいると思います。


これって人間の子供にも全く同じ事が言えると思います。
親が望んでいるようには子供は成長してくれないはずです。
動物との関係で壁を乗り越えれない人が、
もっと複雑であろう子供の抱えている問題を乗り越えられるでしょうか?
疑問です。
そして飼育放棄した人が、命の尊さを子供に伝えられるでしょうか?


引越しするから、赤ちゃんができたから、病気になったから
しょうがないのよ。
とペットを手放そうと考える人達はもうペットを二度と飼わないで欲しい。
そして家を購入したから、汚されたくないからと急にペットに辛く当たる人の
なんと多い事か!
何か間違っていやしませんか?一番大切なものを無くしてしまっている事に
いつになったら気がつくのでしょう?
posted by marico at 14:00| 千葉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

飼い主募集中です!


この柴ちゃんも飼い主さんを募集しています。
P1110144.JPG


経緯は・・・・・

75歳の男性が奥さんの反対を押し切って、内緒でこの子を買ってきてしまったそうです。
3年後、男性は病に倒れてしまいました。
お庭で放し飼いにされていますが、奥様も高齢でご主人のお世話だけで精一杯の毎日を送っています。
奥さんから「柴ちゃんの世話ができないし可哀想なので、もっと大切にしてくれる人に飼ってもらった方が・・・・」と相談されました。
ご主人は要介護が必要なので私からみても、この柴ちゃんのお世話はおくさんには難しそうに思いました。


これから、この手の相談が増えそうに思います。
ペットショップやブリーダーなどが飼う人間を選ばない限り
このようなケースは無くならないでしょうちっ(怒った顔)


お金儲けの為に動物を使わないで欲しいです。
助けを待っている動物は幾らでもいるのに、どうして助けてあげずに
新しい命を作ったり、買ったりできるのか私は不思議に思います。
本当に動物が好きなのかしら?
だったら助けてあげたいと何故思わないのかな?
本当はそんなに犬や猫が好きじゃないんじゃないのかしら?とまで思ってしまします。
そんなに好きじゃないのに、飼っている人が増えているように思います。

勿論ある犬種の特性に惚れて暮らしたいという夢があって購入される人もいると思います。
そのような方はきちんとしたブリーダーさんから買っている事と思います。
正しいブリーダーさんなら、購入希望者さんの年齢なども考慮して販売すると思うのですが・・・
またそうなって欲しいです。



ハチ 君  柴犬
3歳 男の子 去勢予定
マイクロチップ 予定
体重? 10キロほど

P1110143.JPG

お庭の中の世界しか知らない為に極度の怖がりさんです。
慣れるまでに多少時間がかかるかもしれません。
この子に新しい犬生を教えてくれる飼い主さんを募集します。
今は室外飼いですが、必ず室内での飼育をして下さり
毎年のワクチン接種・フィラリア予防などの健康管理をお約束いただける関東近県のご家庭で、終生家族の一員として可愛がって下さる方からのお問い合わせをお待ちしております。
怖がりなので小さなお子さんが居ない方が望ましいと思います。

posted by marico at 13:24| 千葉 | Comment(2) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする